元本割れ

学資保険の貯蓄型・保障型の詳細

学資保険の貯蓄型と保障型の違いですが、まず学資保険の貯蓄型は、しっかり教育にあてる金額だけをコツコツためて、満期になって受け取れるというシンプルなシステムです。
これによって、必然的に毎月しっかり学資保険で一定額を貯めておくことで、大学の入学時や授業料などを払うことができます。
もちろん、用途としては小中学校の教材費に使ったり、また部活などのお金に費やすことも可能です。
貯蓄型のメリットは、預けた金額がそのまま、またはそれよりプラスになって返ってくることであり、これは返戻率は100%以上ということになります。
余計な保障がついていないので、すべてを学資に費やせるということです。

一方、保障型は違います。
たとえばご両親の体調がイマイチで、もしかしたら死亡してしまう可能性もあります。
そんなとき、入っていて毎月お金を払っていれば、親が死亡して払えなくなったとしてもしっかり満期の保険額が受け取れるという、免除制度があります。
また、こどもが入院したり、怪我したときのための医療費などを出してくれるという、医療保障が充実しているタイプの商品を選ぶと、それに払込額がとられる計算になるため、教育資金は払込額以下の受け取りになってしまうことがあります。
これを元本割れといい、教育資金として受け取れる給付金などが少ないことをさします。

このページの先頭へ