元本割れ

学資保険の教育資金の積み立に関して

学資保険は、教育資金をためる上ではかなり大切なものとなってきます。
もちろん、定期預金などで保険料をためることは可能なのですが、保護者が死亡したり、失業して払えなくなってしまうとき、どうしても定期預金ではこれ以上積み立てが出来なくなり、受け取ることもできません。
つまり保険料の免除が適応されれば、支払う側からするといざとなったときに学資保険で対応することができるのです。

以上のことから考えると、教育資金を効率よくためるためには、学資保険が必要になってくるのです。
次に、税金を考えてみます。
これは生命保険として考えればいいので、保険料は支払ったぶん、控除されます。

すると、所得税だとだいたい35000円から40000円程度控除されることもあるので、お得になります。
また、利率が定期貯金よりもいいので、返戻率がいいものならば払った額以上の金額が返ってくるということもあります。
もちろん、これは貯蓄性を考えたコースであり、いろいろな保障をつけた場合は金額もおおいに変わってきてしまいますが、大きな金額を払わなければいけない子どもの教育費だからこそ、積み立てをしっかり行い、満期になったらお金がもらえるというシステムがしっかり適応されていくわけです。

このページの先頭へ