元本割れ

学資保険でこどもの将来を対応

学資保険という言葉をよく聞くと思いますが、これは子供が生まれて、保険料をおさめることでこれからの教育費などがおりていくという保険のことです。
教育資金が必要なとき、つまり高校入学時や大学の入学時などあらかじめ給付金を受け取るときを決めておくことによってそこでお金を受け取ることが可能です。
また子どもの教育費だけでなく、こどもが怪我をしたときや万が一の病気になった時などにおります。

よって、学資保険は生命保険などと同等な地位をもつものでもあると言われています。
子供は何も問題なしで育つなんていうことはなかなかありません。
よって、何かあったときに学資保険で積み立てておくことで安心なのです。

もちろん、不慮の事故などだけでなく、ある一定の期間が経過したとき、その保険料を前払いで受け取ることも可能です。
たとえば、大学院まで行ってもらうつもりで積立をしていても、こどもが高校で就職をした場合は大学院を卒業してから受け取る予定だったものを早く受け取ることです。
主に祝い金の種類は成長祝い金、満期保険料があり、保険満了になったら預けた分は返ってきます。

最近は共働きの家庭が増え、経済も安定しているわけではありません。
どのような状況になってもいいように、しっかり積み立てておくことは必要です。
自分たちに合った学資保険を見つけるには、まず何を最優先するかを考えてみてください。
学資保険は主に貯蓄型と保障型に分けられています。
貯蓄型というのは、名前の通り貯金を優先することで、毎月支払った保険料を満期で100%以上でもらえるところが魅力です。
15~18年間くらい払い続けることで、支払った金額よりも多くもらえるのは嬉しいことですね。

一方、保障型というのは万が一子供に何かあった時の保険などを付帯できるタイプです。
貯蓄意外にも子供に関する保険を追加できるので、親御さんにとって安心できるタイプですが、元本割れしてしまうというデメリットもあります。
何かあってからでは遅いため、お子さん用の保険への加入はおすすめですが、学資保険に付帯した方が良いのかは何とも言えないところですね。


このページの先頭へ