元本割れ

学資保険で教育資金を対応

学資保険は親が契約者となり、お金を毎月、または毎年決められた金額で払っていきます。
もちろん、最初に金額は決めていたとしておなかなかその金額を捻出できないときは生活が苦しい場合にはお金を払わなくてもいいような控除サービスがついている保険もあります。
つまり、無理のない程度に子供のための教育資金を払うことによって、将来に困らないようにする、というのが賢い学資保険の払い方なのです。

もちろん、教育資金だけでなく、子供の生活を保証するという特約もあります。
たとえば、医療特約などをつけておくと病院や入院した際に給付金が支給されるというようなものもあります。
つまり、親が子供の教育資金だけのために貯めるのか、はたまたこれからの生活内での出費も賄ってもらうのかどうかはよく吟味して決めることが必要です。

また、学資保険ではなく積立で口座に自ら貯金した場合と何が違うかということですが、自ら貯蓄した際の一番の欠点は、臨時でなにか出費があった際にどうしても毎月同じ額が貯められるかがわからないということです。
それによって、本来ためる金額が目標値に届かないということがあるので、やはりしっかりした保険を使ったほうがいいです。

このページの先頭へ