元本割れ

教育費対策を学資保険で行う

学資保険に入ったほうがいい理由として、契約者が死亡したり、重度の障害を負った場合免除されるために経済的に家計を圧迫する必要がないという利点があります。
だからといって学資保険の満期の保険料はひかれずにもらうことができるので、保険料払込免除制度を使って家計を圧迫しないようにするということもできます。

また、もうひとつの利点としては、確実に毎月、または毎年教育に使うお金をしっかり積み立てることができるので、いざというときに子供に関わるお金を一気に払うことができるのがポイントです。
子供の教育費は高校までで考えて基本的に私立だと1千500万程度、公立なら500万程度とかなり差があります。
また大学で必要になってくる金額は国立なら500万程度、私立、特に理系ならば900万前後となってくるため、どうしてもしっかり貯蓄していくことが必要となります。

もちろんクラブ活動費や、予備校などの金額は含まれていないので、これをプラスするともっとかかってきます。
よって、教育費がかかることがわかったところで、この学資保険を使えばしっかり教育費をためることができます。
最近では主に保障がついていない貯蓄のみの保険タイプが注目を集めており、これは元割れを防ぐためにかなり大きい影響を与えていると言えます。

(参考)
学資保険で教育資金は対応出来る?
http://anisonkouhaku.jp/kyouikusikinn.html

このページの先頭へ