元本割れ

学資保険でこどもの教育資金を対応

共働きが増えている現代はやはり子どもの養育費をためてからこどもができれば・・・と考えていると気が遠くなるほどの時間がたってしまいます。
そんなときに便利なのが学資保険です。
メリットはしっかり学資保険の保険金を払っていくことで、確実に必要なときにお金を受け取ることができます。

つまり、積立貯金をしているような感覚です。
私立の学校に行かせるのか、公立の学校に行かせるのかでも違ってきますが、特に大きく差が出るのは小学校です。
公立の小学校では主に200万前後の教育費がかかりますが、私立では800万くらいの教育費がかかります。
というのも、やはり小学校は6年生まであるからこそ、学費も毎年高額がかかってきます。

また、最近は小中高大まで一環のところに行かせる人が増えていますが、その場合はやはり私立オンリーで行くということで高額なお金が必要になってきます。
月々いくらずつということで、しっかり保険料としてあずけておくことで、入学し、進級するときに一気にお財布を圧迫するということがありません。
次に、大学の授業料がかかってくるということですが、特に理系は文系よりもお金がかかります。
大学にこどもが入学するというラインをゴールとしてためていくことによって、コンスタントに貯蓄していくことができます。

このページの先頭へ