元本割れ

子供が生まれたら学資保険を活用

学資保険は子供が誕生した瞬間から、いろいろ検討し始めると思います。
出産にかかるお金は50万強かかるといわれているので、出産前に学資保険に入っておく必要はありません。
子どもが生まれると、どんな学資保険に入ればいいか迷うときも多いと思います。

まずは子供の入院などにかかる費用や、家計が大変な時に学資保険の払い込みが免除になる機能、また月々の保険料を安くおさえるというようなサービスがあったりするのですが、そういうものに最初は加入しないほうがいいです。
そういうものに加入していると、どうしても後々戻ってくる金額が少なかったり、貯蓄性は低くなってくるので保険内容をシンプルにしておくといいです。
子どもが生まれると一番お金がかかってくる期間は中学や高校、そして大学です。

私立の学校に通うと必然的に3年間で400万円くらいかかってきてしまいます。
すると、教育費がかからないときにコツコツためておくことが必要です。
子どもが誕生して学校に行かせるまでは、比較的お金はそんなにかからないといわれているので、そこでしっかり保険に加入することでお金が足りない!ということを回避できます。
また、お金をためるときは、月の小遣いが余ったら貯金しよう・・・と思わず、積み立てていくといいです。

(参考)
子どもが生まれたら学資保険を活用
http://www.peoplexz.com/age.html

このページの先頭へ