元本割れ

学資保険に関する基礎知識

学資保険の基礎知識として、まず覚えておかなければいけないのは月々、または年間でお金を計画的に貯めなければいけないということです。
教育資金としてためるには、早めに学資保険に加入しておくと月々の保険料がおさえられます。
また、保険に加入できるのは出産前から10歳くらいまでなので、早めに加入しておくといいです。

また教育資金として100万円から300万円積立ができるので、日々の生活に大きい負担をかけずに積立ができます。
お金が受け取れるのはこどもが高校に入学したり、大学に入学したりするところで、学資資金や満期金などの名目でお金を受け取ることが可能です。
お祝い金については、入るプランによって変わり、それぞれの学校の入学時や卒業時などの場合もありますが、大学の入学時が一番多いというケースもあります。

学資保険のコースには主に貯蓄するタイプと、保障するタイプの2種類があります。
貯蓄タイプでは主に、特約などがついていないもので、教育資金を貯金していくだけの目的となります。
逆に保障タイプには、主に死亡保険や医療保険がついている特約が多く、保障をしてくれる利点はありますが満期に受け取れる金額は少なめという欠点もあります。


このページの先頭へ