元本割れ

教育費を計画的に貯められる学資保険

学資保険の保険料を定期的にためる方法はさまざまありますが、無理のない方法は3つあります。
1つは銀行の自動積立保険を使うということです。
これは、普通預金口座ではなく預金口座を使います。
つまり、学資保険の積立日をこちらから指定しておけば口座から自動的に移動してくれるのです。

このシステムを使えば給料日に移し忘れてしまった・・・というミスを防ぐことができます。
次に、郵便局の積立制度を使うということです。
銀行とさほど変わりはありませんが、積立の金額がちがいます。
銀行は多いところで1万円からの金額を指定しておいているところが多いのですが、郵便局ならば1000円から1000円単位で預金できることも多く、主婦の方など収入が少なくなかなか大きな金額を預金できないという方におすすめです。

次に、財形貯蓄の制度を使うという方法です。
財形貯蓄とはマイホームを購入するためや年金貯蓄として老後年金で使うことができるようなものです。
この中に一般財形貯蓄というものがあり、ここから教育費を捻出することができます。
普通の貯金の場合は利息に20%の税金がかかりますが、この貯蓄制度については元利550万円までの利息は非課税なので、利息が受け取れるという利点があります。
以上3つの方法で計画的に学資保険の保険料http://www.isusinc.com/tukidukigosennenn.htmlをためることができます。

このページの先頭へ