元本割れ

学資保険は教育費の要

子どもの教育資金をためるために、まずはしっかり貯金をすることが必要です。
貯金をするために、銀行や郵便局などで計画的にしっかり貯金をすることがいいと言われていることもあります。
銀行や郵便局で預金をする場合利率などが10%以下です。
しかし、銀行などに預金するだけなら、ある程度手数料を払えば引き出すことができてしまったりする場合があります。

また、昔は高い予定利が続いていたので、しっかり保険料の総額を受け取ることができたのですが、今はだいたい学資保険の場合は保険料の総額が下がってきていると言われています。
少子化の関係で学費は値上がりしているにもかかわらず、かなり最近は家庭の収入も下がっているので、月々ためることも難しくなっています。
返戻率もしっかり考えてみないとどうしても、全額受け取ることができません。
しかし、教育費に欠かせないのが学資保険です。

学資保険に入る事によって、これからの教育費をしっかりためることができます。
積立などの準備については、しっかり少なくとも1年間当たりの教育費の値上率となるように計算するといいです。
2~3%以上の利回りを確保しておくと、損にならないように教育費をためることができます。

(参考)
教育資金と学資保険の関係性
http://vtdsp.org/kyouikusikinn.html

このページの先頭へ