元本割れ

学資保険の重要性

学資保険が必要だと考える二つに理由は、教育資金を定期的にためていく、というものですがもう一つは子供や親がなにか万が一のことになってしまったとき、保障がおりるというものがあります。
一つ目の教育資金として貯めていくにはまず、どのような学校に通ってもらいたいのか、という側面で考えていく必要があります。
幼稚園から大学までをすべて国公立で固めるのであれば、だいたい1000万円くらいのお金が必要になってきますし、私立ならばその倍の金額がかかってくると考えていいでしょう。

すると、学資保険でまかなえるのは大体100万円から300万円と言われているので、その中の3分の1程度はしっかり貯蓄できるという計算になります。
早い段階からしっかり用意していくには、銀行預金と比べて解約しづらいようになっていることで、切実感を出すことが大切になってきます。
返戻率が高いものほど、しっかり戻ってくるので検討する必要が出てきます。

次に二つ目の保障が中心という目的は、通常の学資保険にプラスして、特約をつけることができるというものです。
親が病気がちで何があるかわからない・・・という場合は育英年金や保険料払込免除の保障が使え、こどもがなにか入院したときなどのために医療保障が出るというものがあります。
いずれにしても、しっかり検討して決める必要があります。

このページの先頭へ