元本割れ

学資保険が必要とされる仕組み

なぜ学資保険が必要かというと、これから子どもがさまざまな夢に向かって進んでいくときに必然的にお金が発生してくるときがあります。
公立高校や国公立の大学を受験してくれるならいいですが、私立に入った場合や学部によってお金がかかるところもあります。
医学部などは本当にお金がかかります。
そんなときは、学資保険の返戻率が必然的に多いものを選ばないと、元割れしてしまう可能性があるので気を付けてください。

また、学資保険が必要な理由はもうひとつあり、最近は高齢出産が当たり前になっている時代です。
そんな時代に子どもを授かった場合、今後どのくらいまで生きられるか、子どもが大人になって就職するまで自分の体がもつかどうか不安に思われている方は多いと思います。
そんなときのために、保険に入っておく必要があります。
保険期間が満了したときに、返ってくる金額は少ないかもしれませんが、万が一のためならば入っておく必要はあります。

最後に、学資保険を医療保険として利用したいということです。
入院したり、風邪をひいてしまった場合などに学校を休んでしまったときなど保険がおりるということがあります。
契約内容によっては特定の病気は入っていない場合もあります。
気を付けてください。

このページの先頭へ