元本割れ

学資保険と普通の貯金の詳細

学資保険に入るのではなく、しっかり貯金をすればいいのでは・・・と思われている方も多いと思います。
確かに毎月無理のないように貯金したほうが効率がいいのかもしれません。
しかし、毎月ある一定金額を貯金するということはなかなか状況によって甘えが出てしまい、続くものではありません。

保険と貯金の大きな違いは医療保険などの特約をつけておくと、いざ医療費などが必要になった時にそこからお金を出せるという特権があります。
また、入る保険によっては自分たちが払った保険金額よりも、満期の金額が多く、返ってくる金額が多いというものもあるので得ができます。

定期預金にすれば、確実に口座にたまっていくのでこの方法もおすすめですが、実際保険料として下ろすタイミングなどは自分で管理しなければいけないのでなかなか忙しい方は大変かもしれません。
銀行や郵便局などさまざまなところを利用するということができますが、利息などがついてしまうこともあるので気をつけてください。
また、生命保険会社などが率先して教育関係のコースを使っていたり、貯蓄も行っているものもありますが、やはりしっかりした学資保険のところに入れば祝い金http://saveethnicstudies.org/nyugakuiwai.htmlなどももらえるので学資保険はおすすめです。

このページの先頭へ