元本割れ

学資保険の返戻率の仕組み

返戻率というのは、受け取れる満期保険料と祝い金のことです。
計算は返戻率=(満期保険金+祝い金)÷すべての払込保険料×100とします。
満期保険金は基本的にたくさんたまるほうがいいのですが、特約がつくともらえるものが減ってしまったりします。

この返戻率が高いものが、実は貯蓄性の高い学資保険ということになります。
つまり、貯蓄性のある学資保険を選びたいならば、100%以上ものを選んでください。
また、100%を割り込むということは元割れするということになり、払った金額よりももらえる金額が減ってしまうことです。
好ましくないのは、基本的に元割れしてしまうのは、低金利ではなく高金利になってしまうと、かなり受取額が少なくなってしまうので注意が必要です。

しかし、返戻率を見てみると、元本割れになる学資保険にもしっかり利点があります。
保険にはコースがさまざまあり、貯蓄性と保障性をし考慮したものが多いので、いろいろな視点で選ぶことができます。
つまり、入院保障や死亡保障などがついていれば、必然的に返戻率は低くなり、場合によっては元割する可能性もあります。
よって、貯蓄率を高くしたいのならば、返戻率をしっかり100%以上にすることが求められます。

このページの先頭へ